保育園の食事|かやの実保育園 WEBサイト|東京都羽村市

保育園の食事

かやの実保育園の食事

子どもたちが健康に育つために食事は極めて重要なものです。身体を作る基本となるのはもちろんのこと落ち着いた雰囲気でおいしく食べることで、心も育っていきます。

本園の食事は、子どもたちが日中十分に活動するエネルギーを保障すると同時に、その発達に見合うだけの各栄養素を摂取できるように昼食と午後のおやつを軽食にしています。長時間保育で夕食が遅くなる家庭に補食などの配慮をしています。
また、子どもたちの成長にしたがって、噛む力(咀嚼力)がつくように食品や調理方法にも工夫を凝らしています。

実際に給食に出されたメニューは毎日、見本ケースに展示しています。
給食を通して身体の発達や健康、食べる事の大切さと楽しさが自然に身に付くように栄養教育や調理保育、行事食に取り組んでいます。

栄養教育では献立材料を見せてその日の献立の内容を知らせたり、魚を解体して切り身になる過程を見せたり、紙芝居をしたり、消費者センターの皆さんと園児の交流も、その一環として取り入れています。

アレルギー
アレルギー体質で特定の食品を抜く必要がある場合は個別にご相談に応じています。
食器
食器はプラスチックの公害を避けるため、陶器、箸は竹箸を使用しています。
献立
献立には旬の食材を利用して、できるだけ季節感を出すよう工夫するとともに根菜類や豆類などを活かした伝統料理を取り入れ、幅広く豊かな献立を心掛けています。
食材
日々の食事を作るにあたっては、衛生面には十分注意を払い、食品の購入は生協等を利用して出来るだけ添加物のない食品や調味料を購入し、安全な食品を使用するよう務めています。

離乳食

0歳児には発達に応じた離乳食を作っています。
母乳で育てたい場合は 母乳パック(冷凍母乳)を使うことが出来ます。

離乳期・1歳児 目安・目標

月齢 目安・目標
5カ月 ・おもゆ、スープをスプーンで飲む。
5~6カ月 ・午前1回食べる。
・1日1品、1さじを原則に始める。
・一つ一つの食品そのものの味を覚える。
・いろいろな食品になれる。
・形態はドロドロ、ベタベタ。
7~8カ月 ・午前1回食べる。
・ミルク以外の食品に関心を持ち始める。みじん切りも食べる。
・モグモグと口を動かして食べる。(柔らかく大きなものを舌でつぶす)
9~11カ月 ・午前、午後2回食べる。
・サイコロ、スティック状のものをつまんで食べる。
・コップで飲む。
・自分で食べようとする意欲が出てくる。
・2スプーンにする。(スプーンに興味を示したら与える)
12~15カ月 ・午前オヤツ、昼食、午後軽食の形で食べる。
・家庭と連絡を取りながら、牛乳に切り替える。
・2スプーン。(大人は補助)
・コップを両手で持って飲む。
・コロコロの型も食べられる。
・カミカミのリズムの付くときなので、十分にできるような大きさにする。
・ほとんどの食品が食べられるようになる。
・良く噛んで食べる。
・椅子に座って食べる。
・食前、食後の挨拶をする。
13~18カ月 ・自分でコップを持って飲む。
・手づかみやスプーンで食べる。まだまだ大人の介助が必要。
・食べ物の好みがはっきりしてくる。
・友達と一緒に食べることができる。
19~24カ月 ・食べたいものが分かる。いやなものは口から出したり、落としたりする。
・好みがはっきりして、ほしいものを自分から要求する。
・促されれば嫌いなものも、食べようとする。
・スプーンを使って、一人でもかなり食べられるようになる。
24カ月 ・あまりこぼさなくなり一人で食べられる。
・嫌いなものでも、励まされると食べようとする。

行事食

行事食は年々失われていく行事と行事食を大切にして、行事のもつ意味や子どもたちに何を食文化として伝承していくのかを考え、献立の中に取り入れています。
七夕、お月見、七五三、もちつき、七草粥、節分、ひな祭り、彼岸等です。この他にもレストランごっこ、給食弁当、月1回のお楽しみ給食、バイキング等食べることに関連した様々な課業、お楽しみがあります。

調理保育

調理保育はよもぎ団子、ホットケーキ、サンドイッチ、ラップおにぎり、芋汁、焼き芋、のりまき、お月見団子、うどん、クッキー作りをしています。この他にも卵割り、お米とぎ、ふきやとうもろこしの皮むき、枝豆もぎなど、日常の簡単な調理もします。

芋汁作りでは「芋」の成長観察から芋掘り、買い出し、材料作り、当日の調理、配膳、後かたずけのすべてを、全園児がその発達段階をふまえて参加します。
すなわち、ちぎる、むしる、皮むき、丸める、のばす、洗う、さらに包丁を使っての材料作りもあります。

042-555-0458
電話受付時間 7:00~18:00
メールでのお問合せ
ページの先頭へ